相続税の計算方法に関する記事一覧

相続税の計算方法に関する相続の対応は税理士法人FarrowPartnersにお任せ下さい。

  1. 税理士法人FarrowPartners >
  2. 相続税の計算方法に関する記事一覧
相続税の計算方法

相続税の計算方法は、4つのステップに分けると理解しやすくなります。
少し複雑ですが、一つ一つ手順を踏めば、各相続人の納付税額を計算することができます。

①相続人各人の課税価格の計算
まず財産を取得する人ごとに課税価格を計算します。

〔各人の課税価格〕
=〔本来の相続財産〕+〔みなし相続財産〕+〔相続時精算課税にかかる贈与財産〕+〔相続開始前3年以内の贈与財産〕-〔非課税財産(墓地や仏壇など)〕-〔債務及び葬儀費用〕

②課税遺産総額の計算
各人の課税価格を合計し(正味の遺産額)、そこから基礎控除額を引きます。
この正味の遺産額から基礎控除額を除いた額を、課税遺産総額といい、ここから実際に相続税が課税されることになります。

③相続税の総額の計算
法定相続人が法定相続分どおりに財産を取得したと仮定して、各人の取得金額を計算し、それに税率を掛けたものを合計して相続税の総額を求めます(実際の遺産分割の割合は関係ない)。

(例)相続人がA(妻)、B(子)、C(子)の3人で、課税遺産総額が9000万円であった場合
・法定相続分・・・A:1/2 B:1/4 C1/4
・取得金額・・・A:9000万×1/2=4500万 B:9000万×1/4=2250万 C:9000万×1/4=2250万
・税率・・・A:20%(控除額200万円) B:15%(控除額50万) C:15%(控除額50万)
・税額・・・A:4500万×20%-200万=700万 B:2250万×15%-50万=287万5000 C:2250万×15%-50万=287万5000
・合計(相続税の総額)・・・700万+287万5000+287万5000=1275万円

④各人の納付税額の計算
相続税の総額を実際に財産を取得した割合(実際の相続割合)に応じて按分し、各人の相続税額を求め、各種加算又は控除をプラスマイナスします。
このような計算を経て、各相続人の納付税額を算出します。

相続税の計算方法に関する基礎知識や事例

相続税の計算方法に関する記事は一時的に表示しておりません。

税理士法人FarrowPartnersが提供する基礎知識

  • 相続税の試算

    相続税の試算

    相続税の試算をするには、相続財産の評価額を求める必要があります。 ...

  • 相続方法の決定

    相続方法の決定

    相続には、①単純承認②限定承認③相続放棄の3つの方法があります。 ...

  • 都筑区にお住まいで相続問題をお悩みの方へ

    都筑区にお...

    相続は、人の死によって開始します。その際に、相続の対象となる相続財...

  • 公正証書遺言作成に必要な書類

    公正証書遺...

    公正証書遺言とは、遺言者が公証人の前で遺言内容を口頭で伝えて、それ...

  • 遺産分割協議書の内容

    遺産分割協...

    遺産分割が合意に至ったら、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議...

  • 相続税の申告・納付

    相続税の申...

    相続税の申告・納付は相続が開始した日、つまり被相続人が亡くなった日...

  • 遺産分割協議

    遺産分割協議

    遺産分割協議とは、遺産分割を行う上で、相続人全員と遺産をどう分け合...

  • 税務調査の流れと注意点~個人編~

    税務調査の...

    会社の場合だけでなく、個人や個人事業主でも税務調査が来る場合があり...

  • 遺産分割裁判

    遺産分割裁判

    遺産分割を行う際,協議・調停でも合意が得られなかった場合には,遺産...

ページトップへ