遺産分割とはに関する記事一覧

遺産分割とはに関する相続の対応は税理士法人FarrowPartnersにお任せ下さい。

  1. 税理士法人FarrowPartners >
  2. 遺産分割とはに関する記事一覧
遺産分割とは

亡くなった方が遺言を残していなかった場合、その故人の遺産を、相続人となる親族で具体的に配分する必要があります。これを「遺産分割」と言います。

もちろん、家や土地などを相続人同士で共有状態にしておくことも選択肢の一つでしょう。しかし、共有物の管理を相続人全員で行うことは難しく、取り扱いにあたって煩雑な手続きをしなければならないため、できることなら遺産は分割し、単独所有としておく方が良いでしょう。

この遺産分割には、3つの方法があります。

現存する遺産をそのまま分割する「現物分割」、土地などの遺産を売却し、その売却金を分割する「換価分割」、一人が家屋や土地などの大きな遺産を取得する代わりに、その過不足分を現金等にて他の相続人に支払い、平等性を保つ「代償分割」の3つです。

相続財産の内訳や各相続人の希望によって遺産分割協議の中で分割方法を選択していくとよいでしょう。

また、遺産分割を行う場合、相続人全員で行う必要があります。もし一部の相続人を除外し、その人の意思を無視して遺産分割を行ってしまった場合、無効となる可能性があるので注意しましょう。

税理士法人FarrowPartnersでは、各分野のプロ(税理士法人・司法書士法人・弁護士法人・不動産鑑定士・コンサルティング会社)と提携し、損をしない相続税対策を実現いたします。

また、高度な専門的知識を活かして、相続税申告や生前対策、事業承継など、複雑な相続手続きを徹底的にサポートしていきます。

相続贈与が発生した場合は、横浜市青葉区、港北区をはじめ、神奈川・東京・埼玉・千葉まで対応可能な税理士法人FarrowPartnersにお任せください。

遺産分割とはに関する基礎知識や事例
  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議とは、遺産分割を行う上で、相続人全員と遺産をどう分け合っていくかを決める会議のことを指します。この遺産分割協議を行う前に、行っておかなければならないことがあります。 それは、「相続...

  • 遺産分割調停遺産分割調停

    遺産分割協議で相続人全員の合意を得られなかった場合、家庭裁判所にて遺産分割調停を行うことになります。 この遺産分割調停では、裁判官もしくは調停委員が当事者である相続人全員から事情を聴き、相続に...

  • 遺産分割裁判遺産分割裁判

    遺産分割を行う際,協議・調停でも合意が得られなかった場合には,遺産分割審判によって決着をつけることになります。 遺産分割調停が不成立に終わった際、話し合いは次の段階の遺産分割審判へ、自動的に移...

税理士法人FarrowPartnersが提供する基礎知識

  • 相続方法の決定

    相続方法の決定

    相続には、①単純承認②限定承認③相続放棄の3つの方法があります。 ...

  • 限定承認

    限定承認

    限定承認とは、「相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債...

  • 生前対策が必要な理由

    生前対策が...

    生前対策には主に、①遺産分割対策、②納税資金対策、③節税対策の3つ...

  • 財産調査

    財産調査

    もし親族が亡くなって相続人となった場合、なにが相続の対象となること...

  • 預貯金の名義変更

    預貯金の名義変更

    例えば、預貯金の口座の名義人が亡くなってしまった場合、その事実を金...

  • 相続人の調査

    相続人の調査

    もしあなたが相続人になったら、他に誰が相続人なのかを確認する必要が...

  • 遺言書の確認

    遺言書の確認

    相続は、原則民法に従った相続分(法定相続分と言います)に従って、近...

  • 遺産分割協議書の作成

    遺産分割協...

    遺産分割協議書とは、亡くなった方の遺産の分割方法についての協議を行...

  • 遺産分割裁判

    遺産分割裁判

    遺産分割を行う際,協議・調停でも合意が得られなかった場合には,遺産...

ページトップへ