遺言書の種類

税理士法人FarrowPartners(横浜市都筑区/青葉区)|遺言書の種類

  1. 税理士法人FarrowPartners >
  2. 遺言書に関する記事一覧 >
  3. 遺言書の種類

遺言書の種類

遺言の性質やその必要性などについては、既にお分かりいただけたことと思います。
それでは次に、遺言書にはどのような種類があるかについてご説明いたします。

遺言書には、実は3つの種類が存在します。
① 自筆証書遺言
この形式の遺言は、自筆であることに加え、署名捺印と日付の記入が必要になります。
また、作成にあたって証人を必要とせず、費用もほとんどかかりません。
3種類の形式の中で最も難易度が低く、新たに作り直すことも簡単であり、一番作成しやすい形式であると言えるでしょう。
しかし、手軽であるがゆえに紛失や変造の可能性が高く、家庭裁判所での検認も必要になるなど、他の形式と比べて不利な点も複数存在します。

② 公正証書遺言
この形式は、遺言の作成にあたって、2名以上の証人の立会いを必要とするのが特徴です。
しかし、証人に依頼することが必要になるため、作成費用が16000円以上と高額になってしまいます。また、その手続きも難しく、自筆証書遺言よりは難易度が高くなります。
しかし、この形式の大きなメリットは紛失しても再発行でき、変造の可能性もないことです。また、家庭裁判所での検認も必要なく、公証人が作成するため、無効な遺言書となる可能性も非常に低くなります。
それゆえ、公正証書遺言では、高額な費用や複雑な手続きが必要になることを踏まえても、最も信頼できる遺言の作成を目指すことができるでしょう。

③ 秘密証書遺言
秘密証書遺言は、その名の通り、遺言書に何を書いたか誰にも知られる心配がありません。証人を2人必要とするため、遺言の存在自体は知られてしまいますが、内容は証人にすら知ることはできないため、遺言の開封までその内容を知られたくないという方に、特にお勧めしている形式です。
しかし、この秘密証書遺言は、自筆証書遺言と同じように、紛失や変造の可能性も否定できません。また、内容を事前に確認することができないため、遺言の要件を満たさず無効、と判断されてしまう可能性もあります。

上記のような異なる3種類を使い分けていただくことにより、ご自身の意思に沿った遺言書をお作りいただくことができるでしょう。
しかし、「自分の場合、どの形式を選べば良いか分からない」という方も多くいらっしゃるでしょう。
当事務所では、遺言書の作成に関してお悩みの方を、誠心誠意お手伝いすることができます。お困りの場合、まずはお気軽にご相談ください。

税理士法人FarrowPartnersが提供する基礎知識

  • 相続人の調査

    相続人の調査

    もしあなたが相続人になったら、他に誰が相続人なのかを確認する必要が...

  • 遺産分割協議書の内容

    遺産分割協...

    遺産分割が合意に至ったら、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議...

  • 相続税生前対策

    相続税生前対策

    相続税とは、人の死亡を原因として財産を取得した人に課される税金です...

  • 公正証書遺言作成に必要な書類

    公正証書遺...

    公正証書遺言とは、遺言者が公証人の前で遺言内容を口頭で伝えて、それ...

  • 相続税の試算

    相続税の試算

    相続税の試算をするには、相続財産の評価額を求める必要があります。 ...

  • 相続財産管理人とは

    相続財産管...

    相続を行う際には、一般的に親族などの「相続人」によって資産が相続さ...

  • 税理士の役割

    税理士の役割

    税理士の仕事は、税理士法の第2条にはっきりと記載されています。 ...

  • 税務調査の流れと注意点~個人編~

    税務調査の...

    会社の場合だけでなく、個人や個人事業主でも税務調査が来る場合があり...

  • 相続税申告の期限

    相続税申告の期限

    ■相続税の申告期限 相続税の申告書の提出期限(申告期限)は、相続の...

税理士法人FarrowPartnersの主な対応地域

ページトップへ